LOADING

0

HOMEFEATURE物件選びのコツあえての「プロパン」もおすすめです

FEATURE

あえての「プロパン」もおすすめです

都市ガスとプロパンガス

ここ10年ですっかり市民権を得た都市ガス。昔からある設備ではありますが、安いという理由から賃貸住宅では非常に高い人気を誇っています。

都市ガスが安い、というよりもプロパンガスが高いという理由のほうが皆さんの印象としては強く感じている昨今で「損をしたくない」「プロパンは不当に高い」といった声を多く聞くようになりました。

都市ガスは埋設管や設備コストが建築費に反映されるため、プロパンガスが建築時に選ばれることもしばしばありますがそれ自体には問題ありません。内容に関しては割愛しますが、入居者へのガス供給コストに反映してしまうことが入居者の「高い」に直結し、都市ガスの安定した供給コストに比べてばらつきが生じるプロパンガスは得てして不満を発生させる結果になっています。

供給のすくない都市ガス物件

都市ガス物件はプロパンガスに比べて供給数が少なく、都市ガスに探し方を限定してしまうと時に物件選びに難航することもあります。特に郊外エリアに関しては都市ガスを採用する建物は少なくなる傾向にあり、中々希望通りの部屋探しが出来ない方もいらっしゃるかと思われます…が、そんなときは違う視点で熱源を選ぶと良い結果を得られるかもしれません。

プロパンガスの選び方

プロパンガスは建物によって供給金額が異なる、いわゆる「自由契約」です。自由と言ってもそれは建物所有者とガス供給会社の間の契約であって、入居者が自由にガス会社を選べるわけではありません。

また、ガス会社によって値段が高い・安いという決まりがあるわけではありませんん。あくまでも建物ごとの供給ですから、特定のガス会社だけが高い料金で提供しているというのは間違いです。建物ごとに決まっている料金表を確認してみると、平均価格よりも安いということもあります。

これらを鑑みて、ガス会社で選ぶ・評判で選ぶのではなく料金表をチェックして納得できる価格であればプロパンガスでも選択肢になるでしょう。最近では低料金設定のほか、ガス料金の上限設定や段階上限設定など様々なプランが登場しており、時に都市ガスよりも安いコストのプロパンガスも登場しています。

プロパンガスと不動産会社

前述した料金表ですが、建物別に異なるために気になる物件があれば不動産会社に依頼して取得してもらう形になります。取得した料金表を見ても理解するのは容易ではないために不動産会社の担当に料金表の見方や都市ガスとの料金比較を教えてもらうことで、物件のガスコストが安価なのか高価なのか判断しやすくなるでしょう。

ガス料金表例(とても安価な例)

なお、仲介会社では全物件のガス料金を押さえているわけではありませんし、ましてやインセンティブバックをもらっているということもありません。時たま「プロパンガスを仲介業者が勧めるには裏があるのでは?」という質問もありますが、入居後にわざわざ問題になるような仲介をするエージェントは少ないでしょう。(と思います)

また、仲介エージェントの中ではこの料金表を理解していない方もいらっしゃるようですのでガスコストを正しく知るには不動産会社、仲介エージェントを正しく選定する必要があります。

安いプロパンなら◎

ガスコストさえ安ければ、プロパンガスはとても良い選択です。災害時の復旧スピードやメンテナンスの容易さは都市ガスを上回り、フットワーク軽く問題解消できます。

都市ガス物件に難航したら、あえてのプロパンガスという選択がオススメです。特にガスストーブもプロパンガスで統一している物件はボリュームディスカウントとして低コストや上限設定ありというお得な設定がなされていることが多いため、是非注目してみてください。

CONTACT US

お問い合わせ

お電話の場合

011-707-3151

平日10:00~18:30(年末年始・GW・お盆除く)

RECRUIT

採用情報

ひとつずつ、
後世にのこる仕事を。